・根活 (ナノバブル植物活性水)

『ナノバブルで農業に貢献します。』

test_konkatsu_01

A50型

EMGS-Y03_02_02

                                                                                                                                                               [第5146784号]                                  根活製造機はこちら     圃場設置型の方はこちら

 

 

■根活(こんかつ)とは、産業技術総合研究所と共同開発した農産物の成長を促進させるナノバブル(超微細気泡)植物活性水です。

 ■水の中に微細な空気を発生させることで(空気ナノバブル)作りだされている商品ですので、液肥等と混ぜ合わせて使用することが可能です。

■外観は水道水と同じですが、化学肥料・農薬に依存しない安心・安全な未来型の植物活性水です。。

■根の元気の良さは、専門家からも高い評価を得ています。

  • 【成長促進効果】・・・・・土中の栄養分を効率よく根っこに供給します。

  • 【生理活性効果】・・・・・根っこが健全に成長することで、元気な植物

    に育ちます。


    根活_02

    根活パッケージ2

    test_konkatsu_04

スライド1  スライド2

2016,1,22美濃口さん1

スライド3

2016,1,22美濃口さん3

 

 

生産者様のご使用方法事例

1、イチゴ生産者様

 

002

001      ⇒

     

         2016年1月20日撮影(根活未使用時)                  2017年1月28日撮影(根活使用時)

  • 栃木県栃木市西方町圃場、土耕栽培

1反(10a)当り、混入器を使用して灌水毎に10L投与。

 

 

2016,1,8杉山さん

すぎやま様2

 

 

 

 

       (撮影日:2016年1月8日 『すぎやまいちご園』様圃場)

  • 神奈川県平塚市『すぎやまいちご園』様、高設養液栽培

1反(10a)当り、混入器を使用して日量5~7L投与。

 

徳江いちご園様2

徳江いちご園様1

 

 

 

(撮影日:2016年2月16日 『徳江いちご農園』様圃場)

  • 神奈川県横浜市『徳江いちご農園』様、高設養液栽培

1反(10a)当り、液肥タンク内に10L投与。毎日。

 

 

2015,12,8小清水さん

   (撮影日:2015年12月8日 土耕栽培)

  • 神奈川県小田原市、ロックウール栽培

1反(10a)当り、養液タンク内に3~5L投与。毎日。

  •  神奈川県平塚市、土耕栽培

1反(10a)当り、灌水時に「根活」20Lを混入させて投与。1週間に一度。

 

2、バラ生産者様

2016,1,21浜田さん1

2016,1,21浜田さん2  (撮影日:2016年1月21日『浜田バラ園』様圃場)

  • 神奈川県平塚市 『浜田バラ園』様、養液土耕栽培

1反(10a)当り、灌水タンク内に10~20L投与。灌水毎。

葉面散布剤の希釈時に。50~100倍。

 

  • 福岡県宗像市、ロックウール栽培

1反(10a)当り、液肥タンク内に10L投与。1~2週間毎。

 

3、トマト生産者様

  • 山梨県中央市、ロックウール栽培

2反(20a)当り、液肥タンク内に20L投与。3~4日毎。

 

4、ししとう栽培

(撮影日:2015年10月9日 土耕栽培)

2015,10,9土居さん

  • 高知県、南国市

5畝(5a)当り、混入器を使用して日量10L投与。灌水毎。 (およそ2~3日に一回)

 

根活使用説明書

ご注文、お問い合わせは こちら

アマゾンで購入 URL

使用効果事例

1.リーフレタス(水耕栽培比較)

・チップバーン発生比較他 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ pdfファイル

2.カボチャ(実験栽培)

・発芽と本葉芽吹き ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ pdfファイル

・葉の様子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ pdfファイル

・茎の様子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ pdfファイル

・根の様子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ pdfファイル

3.カイワレ(実験栽培)

・発芽 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ pdfファイル

・茎・根 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ pdfファイル

・根毛 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ pdfファイル

4.ゴマ(実験栽培)

・茎・葉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ pdfファイル

・根 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ pdfファイル

5.イチゴ(お客様の声) ・・・・・・・・・・・・・・・ pdfファイル

6.アスパラガス(お客様の声)・・・・・・ pdfファイル

7.バラ(お客様の声)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ pdfファイル

8.ゴム(お客様の声)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ pdfファイル

9.孔雀サボテン(お客様の声)・・・・・ pdfファイル

 

ご使用方法

  • 50倍~に希釈してご使用ください。
  • 推奨時期は、種蒔前、種蒔時、定植時、成長時、開花時、結実時です。(作物により若干の差異があります)
  • 施設栽培では、液肥混入器を利用して、または液肥タンク、潅水タンクに投入してお使いください。

 ご注意

  • 人体には無害ですが、飲料加工処理はしていませんので、飲料はお控えください。
  • 保管は直射日光を避け、冷暗所で保管してください。
  • 沸騰、氷結はさせないでください。
  • 保存有効期間は製造日より半年間です。(製造日はパッケージ表面に記載しています)

新聞掲載

2012年1月30日農業新聞掲載記事

2013年8月29日農業新聞掲載記事

タウンニュース 2013年6月7日号 大磯・二宮・中井版

中小企業家しんぶん 2012.7.25

現代農業記事 2014.7月号 142~144ページ

2015年6月8日本農業新聞掲載記事


ページトップへ