当社はナノバブルの生成技術、使用方法の確立を目指します。

トップナノアースロゴ

「Nano Earth(ナノアース)」とは当社が開発したナノバブル生成器とそれに伴う装置商品群のブランド名です。
簡単に
ナノバブル生成をすることができるため、幅広い分野でご利用いただいております。

(登録商標 登録第5648383号)

トップ、ナノアース
2トップ根活ロゴ

根活(こんかつ)」とは当社で開発したナノバブル植物活性水とその農業利用方法のブランド名です。
多くの生産者様にご利用いただいている「ナノバブル栽培」を皆様も是非ご利用ください。

(登録商標 登録第5369906号)

トップ、根活

Nano Earth(ナノアース)

ナノバブル生成器(特許 第5660510号)

※国立研究開発法人「産業技術総合研究所」と共同開発した商品です。

生成器Y05、14幅

「標準型」(NBG-Y05)
外寸:Φ85×80L

生成器Y06、14幅

「小型」(NBG-Y06)
外寸:Φ30(H30)×54L

ナノバブル生成装置(特許 第5660510号)

※国立研究開発法人「産業技術総合研究所」と共同開発した商品です。

Super MINI小

「卓上型」
(EMGS-Y06)

500ml生成用 
外寸:250W×400D×450H

「多目的型」
(EMGS-Y02)

8,000ml生成用
外寸:500W×500W×1,000H

縦、根活製造機

「根活製造機」
(EMGS-Y03)

50L生成用
外寸:450W×450×1,000H

縦、A50

「フリータイプ」
(NEGSシリーズ)

(50~300L)
※写真は50L仕様です。

関連商品

ポンプユニット10幅

ポンプユニット

ご希望に合ったポンプ、部品選定での製作を致します。

コントロールユニット10幅

コントロールユニット

ご用途に応じた自動制御機能をご用意いたします。

  ・ポンプの空運転防止機能
 ・生成槽への自動給水機能
 ・ナノバブル自動生成機能
 ・施設への自動供給機能  など

ナノバブル生成システム

各種条件に適したシステムをご提案をさせていただきます。
※写真は閉鎖型水耕栽培設施設

根活(こんかつ)

プレゼンテーション1

ナノバブル植物活性水
「根活」(K-20)
(特許 第5146784号 第5648830号)

国立研究開発法人「産業技術総合研究所(つくば)」と共同開発した農作物の成長を促進させるナノバブル(超微細気泡)植物活性水です。

根活効果

当社ではナノバブル水を希釈散水することで根の張りを良くし、土壌内微生物を活性化させ、肥料吸収を促進させると考えています。

現在では多くの生産者様からご評価を頂き、様々な作物にご利用いただいております。

水と空気を利用した「安心、安全」未来型農業の一助として皆様もご活用ください。

当社ではご利用いただいている生産者の方々の情報をもとに活動しています
   ⇒  導入事例、農業
   ⇒  技術資料、農業
   ⇒  根活のご注文

美濃口様

安定収量

健全な根っこを作ることで安定した収量を確保できます。

 ・収量UP

 ・成り疲れ、株疲れの回避

菊地さん2017,10,1

肥料吸収の促進

肥料成分を効率よく吸収することができます。

 ・生育障害の回避

 ・品質の安定、秀品の向上

2016,1,21浜田さん1

農薬の低減

しっかりとした「樹」や「株」を作る事により病害虫に強くなります

 ・病気の低減

 ・農薬コストの削減

田藤様2016,12

未来型農業

「水」と「空気」の利用ですので安心してお使いいただけます。

 ・各種肥料、農薬と混用可能

 ・安心、安全な機能水

「根活」をご使用のお客様の声(抜粋)

  • 根の張りが良くなった
  • 定植時の活着が良くなった
  • 葉水の上りが良くなった
  • 樹勢が強くなった
  • 根腐れが起きにくい
  • 成り疲れの回復が早い
  • 花芽の展開が早い
  • 実が大きなる
  • 株(樹)が太くなる
  • 病気の発生が減った
  • 花数が増える
  • チップバーンが出にくい
  • 葉枯れが解消された
  • 収穫期間が長くなった
  • 玉伸びが良い

メディア紹介記事

農業新聞、ベリーファーム

日本農業新聞 2012年1月30日

「イチゴ肥大に有望 10アール8トンどりも」

日本農業新聞 2015年6月8日

「微細な泡が根に活力」

ベリーファーム現代農業

現代農業 2014年7月号

「イチゴが生き返った。」

農家の友

農家の友 2016年6月号

「新規就農者の横顔」

お知らせ

2016.09.20

神奈川新聞 平成28年9月28日

神奈川新聞で紹介記事が掲載されました。

2016.08.29

ご参加いただきました生産者の皆様、協力企業の皆様、誠にありがとうございました。お陰様を持ちまして大盛況の元終えることができました。

ナノバブル説明会にご参加いただきましてありがとうございました。

2016.07.05

農業向け説明会を開催いたします。

 MAP