使用効果

(1) お客様の声

多くのいちご生産者様から沢山の情報を頂いています。

◇ 年間の収量が増えた

◇ 寒冷期でも樹勢が良い

◇ 成り疲れが解消できる

◇ 病害虫に強くなった

◇ 花が途切れない

◇ 後半の実が柔らかくならない

◇ 収穫期間が延びた

◇ 定植後の活着が良くなった

◇ 苗の生育が良くなった

◇ 葉枯れが治った

◇ うどん粉の発生が減った

ユーザーレポート1
ユーザーレポート2

高温障害から復活させました

いちご生産者様(長野県)が高温障害で葉枯れが発生しましたが、ナノバブル活性水(根活)を施与した結果、1ケ月後に回復させることができました。その後、定期的に施与し、毎年収量を増やすことに成功しています。

高温障害

硝酸根が大幅に低減できました

ナノバブル活性水(根活)を施与することにより、硝酸根が大幅に低減できたと小松菜の生産者様(茨城県)から報告がありました。

写真の右側がナノバブル活性水(根活)を施与したもので、根がはっているため、土がたくさん付着しています。

図1

バラ生産者様(神奈川県)から以下の情報を頂いています。

◇花の色付きが良くなった

◇収穫後の花芽の付きが早い

◇病気がしにくくなった

バラ生産者

その他、沢山のお声を頂いています。

縦版

(2) 大学・研究機関での実験結果

発芽率が向上します

某薬科大学(横浜市)で発芽率に差があるか実験した結果、

■ナノバブル活性水(根活)を使用した方が発芽率が高いと報告を受けています。(試験品種 : パクチー)

薬科大

収穫までの日数が短縮されます

某研究機関でいちごの生育実験結果、

■肥料の吸収が促進され、果実重も増し、収穫までの日数が短縮される傾向にあると報告を受けています。

いちご

微生物を増やすことができます

「根活」を使用した場合、土壌中の微生物が増えることがわかりました。

(資料提供 : ㈱川田研究所様)

NBの効果(微生物)

一般社団法人日本マイクロ・ナノバブル学会

種々の「効果事例」が発表されています。

(当社は本学会の会員です)

日本マイクロ・ナノバブル学会

(3) 当社での実験結果

根毛の長さ・密度に差がでます

写真はカイワレ大根の根(根毛)の顕微鏡写真

根毛

根のはりに差がでます

写真はカボチャの根(鉢植え栽培)

根のはり

チップバーン(葉枯れ)が抑制できます

チップバーンの発生を抑制できることが証明されました。

■栽培品種 : リーフレタス

(当社の水耕栽培実験施設)

リーフレタス

収穫期間が短縮できます

収穫期間を短縮できることが証明されました。

■栽培品種 : リーフレタス

(当社の水耕栽培実験施設)

成長の早さに差がでます

成長の早さは水生植物でも証明されています。

■試験種 : パールクラス・アナカリス

水生植物

切り花の開花期間が延ばせます

切り花における開花期間が延長できます。

■切り花の種類 : ばら

(菊・ガーベラ・等でも確認済み)

ばら

発芽率に差が出ます 1

発芽率は大学や研究機関等でも証明されていますが、当社の実験でも実証しています。

■試験種 : カイワレ大根

発芽率

発芽率に差が出ます 2

■試験種 : かぼちゃ

かぼちゃ 発芽