導入事例 [ 根活(こんかつ)関連 ]

いちご

神奈川県横浜市「徳江いちご農園様」 高設栽培 (導入時期:2014年12月)

徳江いちご園様2

2016年1月撮影

徳江様の声

「寒冷期でも樹勢が良く収量が落ちない。」

「葉水の上りが良くなった。」

徳江様ご使用方法

使用方法

液肥原液をナノバブル水で希釈したものを混入器(ドサトロン)を使用して灌水。

【施量目安】日量:10L/1反

日本農業新聞(2016年6月8日)

神奈川県平塚市「すぎやまいちご園様」 高設栽培 (導入時期:2015年6月)

杉山さん2017,2

2016年2月撮影

杉山様の声

「株が元気になる。」「花が途切れない。」

「収量が上がる。」

杉山様ご使用方法(2)

使用方法

灌水ラインに定量ポンプを使用して混入。

【施量目安】日量:7L/1反

杉山さん2017,2,17

2016年2月撮影

神奈川県藤沢市「神崎様」 水耕栽培 (導入時期:2017年5月)

神崎さん1

2017年12月撮影

神崎様の声

「苗がしっかりできる。」

「後半の実が固い。」

「樹勢が良い。」

神崎様ご使用方法

使用方法

養液タンクに投入。

【施量目安】日量:50L/1反

神崎さん2

2017年12月撮影

栃木県栃木市「K 様」 土耕栽培(導入時期:2016年12月)

熊倉様2017,2

2017年2月撮影

K様の声

「樹勢が強くなる。」

「病害虫に強くなる。」

熊倉様ご使用方法

使用方法

追肥毎に液肥とナノバブル水を混ぜたものをポンプ元から吸わせて灌水。

【施量目安】7~10日毎:50L/1反

熊倉さん2

2017年3月撮影

神奈川県小田原市「中島 様」 高設栽培(ロックウール)(導入時期:2015年7月)

中島様2015,12

2015年12月撮影

中島様の声

「冬場の根の活性がよく、株疲れが抑えられた。」

中島様ご使用方法

使用方法

養液タンクに投入。

【施量目安】7日毎:10L/1反

トマト

神奈川県寒川町「菊地農園様」 水耕栽培 (導入時期:2017年5月)

菊地さん2017,10,1

2017年10月撮影

菊地様ご使用方法

使用方法

タイマー、電磁弁を使用したコントロールユニットを使い、ナノバブルの生成から投入までを自動化。

【施量目安】

日量:50L/1反

タンク、制御

導入システム写真

バラ

神奈川県平塚市 「浜田バラ園様」 土耕栽培 (導入時期:2015年5月)

2016,1,21浜田さん1

2016年1月

浜田様の声

「肥料の効きがなだらになる。」

「肥料や農薬の混ざりがよくなる。」

浜田様ご使用方法

オリーブ

神奈川県綾瀬市 「山田様」 (導入時期:2016年3月)

スライド1

2017年12月撮影

山田様の声

「実が大きい」
「樹が元気」

山田様ご使用方法

使用方法

ナノバブル水を灌水タンクで混ぜて灌水。

【施量目安】7~10日毎:50L/1反

スライド2

2017年12月撮影